HOME > 看護師の職場トラブル > サービス残業で体調を崩した看護師

サービス残業で体調を崩した看護師

20代 NICU.GCU2年、呼吸器.腎臓内科3ヶ月、婦人科3年、眼科1年
現在は婦人科クリニックで非常勤勤務をしています。
8歳年下の旦那さんと結婚したばかりです。

オーバーワークで体調不良

呼吸器.腎臓内科で働いていた時の出来事です。
自宅のある県内の職場でしたが電車とバスで通勤が片道2時間半かかり、毎朝5時には起きてすぐ出勤。
日勤勤務で自分は定時には業務完了しているのに先輩が終わるまでは帰れる雰囲気ではなく、帰宅はほぼ終電。
残業をしても残業代はほとんど出してもらえない。
そんなサービス残業ばかりのオーバーワーク生活をしていたら、不眠症.食欲減退.過呼吸発作などの不定愁訴がで始め、
ついに体調を崩してしまい長期休養する事になってしまいました。

退職へ

いつも相談していたのは姉で、辞めることを勧められました。そこで師長に相談し、長期休養をとることになりました。
休養中に、もう無理だと思い退職の相談をした際、部署異動の話をされました。
しかし、休養から復帰して別部署へ異動したとしてもまた体調崩すんじゃないか?という気持ちの方が強く辞めたいと思いました。

今度は働きやすい病院へ

自宅から片道30分ほどで無理なく行ける距離で、サービス残業やオーバーワークがない病院を探しました。
自分の体調が悪化しないような、心も体も余裕をもって働けるところを一番に重視しました。

自分に合った職場選び

働きすぎて体調を崩してしまう前に行動に移りましょう。
体調崩してまで働く必要はありませんし、体調崩したのは自分が健康管理が出来てないからだと自分を決して責めないで下さい。
看護師の職場や働き方は多種多様あります。
なので今の職場に固執しなくても自分に合った職場が必ず見つかる筈です。
ただ自分で探すのは大変かもしれません。
そんな時には転職サイトを利用してみてください。
希望に合った病院をいくつか提示してくれます。
実際働いている看護師から聞いた勤務体制の話や給与の話も教えてくれます。
担当者の方を介して転職の交渉や面接が出来るので比較的スムーズに話も進みますよ。

看護師の職場トラブル

運営者

〒248-0012
神奈川県鎌倉市御成町
連絡先:運営事務局まで

ページの上部へ